病院紹介

‘迅速な診断・治療’と‘心温まる看護’をめざす
院長 / 獣医師:阪口 貴彦
我々と一緒に暮らしている動物たちも高齢化が進み、病気の要因も多様化しており、それに伴い飼い主様の悩みもまた多様化しています。このたび開院するにあたり、飼い主様が一緒に暮らしている動物たちとよりよい関係を築けるように、20年間獣医師として様々な現場で培った知識、経験や技術をフル活用し動物たちの言葉にできない訴えを最短・最速で解決することを目標にしていきます。また悩みや不安に耳を傾け、動物たちの苦痛を減らし、明るく、温かい看護をご提案することを常に心がけていきます。

プロフィール

出身大学

  • 帯広畜産大学(1993年卒業)外科研究室に所属し、麻酔、消化器について学びました。

お世話になった病院

  • おおい動物病院(北海道札幌市)1993年4月〜1996年3月動物診療の‘いろは’を教えていだだきました。
  • 麻布大学附属動物病院(神奈川県相模原市)1996年4月〜1998年3月専門性の高い診療技術(循環器科、泌尿器科、腫瘍科、皮膚科、内科、画像診断、整形外科)を研修・習得に励みました。
  • 南動物病院(三重県伊賀市)1998年4月〜2001年3月整形外科、腫瘍外科・放射線治療の研修・習得に励みました。
  • その後、都内の動物病院に2013年3月まで12年間勤務いたしました。

所属学会

  • 獣医麻酔外科学会
  • 日本獣医がん学会