カテゴリー別アーカイブ: 病気の豆知識

先生!目に動く物がいます?!

DSCF2140IMG_0727

”先生、目に動く物がいます!”と看護師さんにいわれ、 ”またまた、目やにの見間違いじゃないの”なんていいながら診てみると、”本当にいらっしゃいました東洋眼虫様です。”

忍者の里で修業時代(もちろん獣医師のです)は、時よりお見かけしましたが、23区内在住の犬で診断するのは2例目です。”この子いつも眼が赤いな”と思っている場合は注意深く観察してみましょう(確率は結構低いですが…..。)

 

 

子宮蓄膿症

開院しておかげさまで1ヵ月たちました。

この1ヵ月で子宮蓄膿症のわんちゃんの診察・手術を2例実施しました。

ところで、子宮蓄膿症と言えば ”水を良く飲むようになる(多飲)・おしっこが多くなる(多尿)”が代表的症状のように言われています。しかし、もっと確率高く認められる症状があることをご存知でしょうか?

それは“陰部の腫大”です。陰部が生理(発情出血時)のときに大きくなっている事は見た事あると思いますが、生理(発情出血)が終わっても元の大きさに戻っていかないときは、婦人科系の病気を疑って受診をお勧めします。